読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

咖喱帳面

週一カレー食べある記

アジアンダイニング KALASH

日替わり(ブロッコリーチキン・3辛) 750円

f:id:aratah:20170428122029j:plain

 

「板前寿司」などが入る細長いビルの7階。エレベーターを降りるとすぐに店内へ。

狭いながらも、ふかふかのソファで落ち着く店内。

BGMはヒンディPOPがループしている。

 

日替わりメニュー辛口をナンで、ドリンクはマンゴラッシーでお願いした。

 

注文が立て込んでいたので、提供までには少し時間がかかる。

大きな銀盆にカレー・ナン・サラダのセットが乗って登場。

 

カレーはブロッコリーの緑とパプリカの赤、生クリームの白と色鮮やか。

柔らかいチキンとスパイシーなルーが食欲をそそる。

ふわふわカリカリのナンはおかわり自由。

おかわり1枚と頼むと、カットせずに持ってきてくれる。

サラダはさっぱりとニンジンドレッシングでいただく。

口直しにマンゴーラッシーが辛味を中和する。

 

マンゴーラッシー

f:id:aratah:20170428123147j:plain

 

 

 

 

キーチェーンホルダーMade with Meenakari in Shape of Kalash (ピッチャー)
 

 

 

Independent Gyal (feat. Pompis)

Independent Gyal (feat. Pompis)

  • Kalash
  • Modern Dancehall
  • ¥250

 

ゴーゴーカレー 新宿東口中央通りスタジアム

ゴーゴーカレー(エコノミークラス) 580円 + アルトバイエルン 150円→0円

f:id:aratah:20170425201156j:plain

 

今月の「ゴーゴーデー」。新宿に数店舗あるうちの一店へ初訪問。

こちらの店舗は一階に厨房と券売機、座席は二階。

入口の券売機で食券を購入して二階へ、店員に食券とトッピング券を渡し座席へ。

お冷はセルフサービス。

 

カウンター席について、お冷とお椀にお替りキャベツを先にいただく。

ベジタブルファースト対応。

 

皿が到着。

ルーは若干温め。増量期間ではないのでちょっと物足りない。

キャベツは少なめ、ソーセージ4本が乗っている。

ソーセージは券売機では「アルトバイエルン」となっており、

他店より高めの値段設定。違いはあるのか、薫香が強く若干ジューシー。

 

 

 

 

トミカ No.8 スズキ アルト(箱)

トミカ No.8 スズキ アルト(箱)

 

 

 

ゴー!ゴー!

ゴー!ゴー!

 

アカマル屋 新宿西口店

厚切りロースカツカレー(大盛り) 950円

f:id:aratah:20170419121626j:plain

 

大衆酒場の看板を掲げ、北千住などを中心に展開する「アカマル屋」のランチ。

メニューは「牛すじカレー 680円」や「厚切りロースとんかつ定食 850円」など。

 

ランチタイムの1階は禁煙席ということで、窓際の1名席へ通される。

大盛り無料とのことでお願いして、暫し待つ。

 

トレイに乗って登場。カレー皿の他に味噌汁とポテトサラダがセット。

シンプルでスパイシーなカレールーに、揚げ立てロースとんかつ。

とんかつは定食に出されるものと同じで、厚切りジューシー。

肉の質感に若干カレーが負けてしまうので、卓上の中濃ソースで応戦。

温めの味噌汁はネギとワカメがたっぷり。ポテトサラダと合わせて口直しに。

 

 

東京都新宿区西新宿1-14-1 三光ビル 1F・B1F

 

 

 

 

 

松屋 新宿西口店

ビーフカレー(並盛) 590円→550円

f:id:aratah:20170411135003j:plain

 

クーポンで40円引き。

 

3/7に登場した「ビーフカレー」をいただく。

同じくリニューアルした「オリジナルカレー」のビーフ入りバージョン。

 

ルーには14種類のスパイスを使い、ちょっぴりビターなコク。

ゴロッと大きな牛バラ肉は、トロッと柔らか。

タマネギはシャキッと程よい歯応え。

ライスとのバランスも良く、付け合わせの福神漬けはしその実が入った高級タイプ。

卓上の紅生姜も追加して、さっぱりとした酸味で口直し。

松屋」ならではの味噌汁との相性もバッチリ。

専門店に負けない一杯。

 

 

東京都新宿区西新宿1-13-3 西新ビル1F

 

 

松屋漆器店 白木塗タモ製6.0寸三段重内朱
 

 

 

俺のおかげさ

俺のおかげさ

 

火星カレー

鴨カレー(中盛・大辛) 880円

f:id:aratah:20170405203507j:plain

 

ぼくのなつやすみ」のゲームデザインをした綾部和氏プロデュースのお店。

運営は「ミレニアムキッチン」の子会社「惑星プロジェクト」。

 

基本の「火星カレー」に各種トッピング。

肉類が豊富で、一般的な鶏・豚・牛以外にも鹿・馬・羊にカンガルーまである。

 

比較的おとなしめの「鴨カレー」をチョイス。

量が小盛(300g)中盛(450g)大盛(700g)から選べるので中盛、辛さは大辛でお願いした。

 

暫し待って、熱々の深皿で登場。

ルーは汁気が少なく、ドライカレーのような状態。

トマトの酸味とタマネギの甘味、かなりの香辛料。

辛さは表面に振りかけられた、カイエンペッパーで調整しているのか。

ヘラのように先の平らなスプーンで、ライスと混ぜていただく。

鴨肉は合鴨肉を焼き上げ、山椒をピリッと効かせた和風仕上げ。

柔らかジューシーで肉汁が溢れる。

半分ほど食べたら卓上の紅生姜のみじん切りを投入。

福神漬にはない、爽やかな酸味と辛味がさっぱりと良く合う。

 

量はライスとルーを合わせた重さ。

最初なので様子見で中盛にしたが、辛さと香りでスルスルと食が進み、

気が付けば完食。大盛でも余裕だった。

 

 

東京都豊島区西池袋3-27-3 S&Kビル B1F

 

 

火星の人

火星の人

 

 

 

Marry You

Marry You

 

馬場南海

カツカレー 700円

f:id:aratah:20170330195742j:plain

 

学生時代に何度となく通った「キッチン南海@神保町」

その支店がこちらにあるということで初訪問。

かつて明治通沿いにあった店とは別物で、こちらは下井草からの移転らしい。

 

店名こそ違っているが、看板やメニューのロゴなど本店と同じ。

21時までやっているということもあり、

ディナータイムは仕事帰りのサラリーマンで賑わう。

 

本店と異なり食券制。入口の券売機で食券を購入。

カウンター席につき、程なくして別盛りのキャベツが登場。

続いて味噌汁と白い平皿でカツカレーが登場。

 

ルーはスパイスの効いたブラックカレー。

本店の印象では火傷するほど熱かったが、こちらは程良い温さ。

カツはもちろん揚げ立てサクサク。本店より厚いかも。

どのメニューにも目玉焼きが乗るので、黄身を崩していただく。

 

卓上の福神漬は何故か赤と茶色の二種類が用意される。

キャベツは自家製のオニオンドレッシングで、さっぱりと口直し。

味噌汁は赤出汁に溶き卵でカレーにも良く合う。

 

どうしても本店と比べてしまうが、CP的にはこちらが上かも。

 

 

東京都新宿区下落合1-3-19 吉野荘 1F

 

 

プラレール S-35 南海ラピート

プラレール S-35 南海ラピート

 

 

 

月と月

月と月

 

Hot Spoon 西新宿店

牛すじ煮込みカレー(大盛・辛口) 820円

f:id:aratah:20170324121348j:plain

 

店の雰囲気が違うので気が付かなかったが、

以前訪問した「Hot Spoon 丸の内店」の支店。

 

今回は基本のメニューを注文。ライス大盛り、カレー辛口でお願いした。

 

カレーはグラグラと煮立った土鍋で登場。

こちらでは、ライスは細長いボート型の器に盛られ、

ランチタイム日替わりサービスのカレー玉子1/2とホウレン草が添えられる。

 

熱々のルーはスパイシーで、程よい甘みが辛さを引き立てる。

トロトロの牛すじを、硬めに炊きあげられたライスに合わせていただく。

玉子とホウレン草は口直しに。

案の定ライスが余り気味だったので、卓上の刀豆多めの高級福神漬けを加えて完食。

 

 

東京都新宿区西新宿1-12-7 阿部ビル 2F

 

 

 

 

Hot Spoon

Hot Spoon

  • Liss C. & Urim Salee
  • ダンス
  • ¥200