咖喱帳面

週一カレー食べある記

Soup Stock Tokyo ルミネ北千住店

2種がけカレー[カシューナッツのホッダ(スリランカ風ココナッツカレー)・豚トロのビンダルーカレー](大盛) 1056円

f:id:aratah:20200910135641j:plain

 

ランチタイム、店内はほぼ女性客で満席。少し時間をずらして再訪問。

 

左側、ホッダ。

今季2食目。何故か燻製っぽい香りがするが気の所為か。

ココナッツミルク・カシューナッツ・カボチャのコクと甘味が濃厚なカレー。

 

右側、ビンダルー。

今季初登場。いわゆる最近流行りのポークビンダルー。

豚トロのマリネの旨味と酸味、スパイスの辛味。大葉がさっぱりとアクセント。

 

枝豆のオクラの炒めものが、今回はねっとりとした仕上がり。

後半は全てまぜまぜ。

 

 

 

 

マスコット 印度の味 ポークビンダルカレーペースト 180g

マスコット 印度の味 ポークビンダルカレーペースト 180g

  • 発売日: 2012/03/01
  • メディア: 食品&飲料
 

 

 

 

Soup Stock Tokyo ルミネ北千住店

2種がけカレー[茄子と鶏肉のスパイシーカレー・魚のスリランカ風スパイスカレー](大盛) 1056円

f:id:aratah:20200904142051j:plain

 

ここのところ辛くないメニューが続いていたので、久しぶりに辛口な2種。

 

左側、スパイシーカレー。

南インドの香辛料をたっぷり使ったカレーがベース。

大きなナスと鶏肉の旨味、ハラペーニョピクルスの辛味と酸味。

炒めたシシトウがアクセント。

 

右側、スパイスカレー。

スリランカのミックススパイス「トゥナパハ」をイメージし、

10種類のスパイスを組み合わせて焙煎したカレー。

パイナップルの酸味と甘味がアクセント。煮込まれた白身魚とシシトウの味わい。

 

こちらも枝豆とオクラの炒めもの、タマネギのアチャールがトッピング。

後半は全部混ぜ合わせていただく。

 

 

 

 

 

 

 

吉野家 6号線白鳥店

肉だく牛カレー(並盛) 657円→627円

f:id:aratah:20200831135027j:plain

 

アプリのクーポンで30円引き。

 

8/6にリニューアルしたカレーの、新メニューをいただく。

 

トレイに乗って登場。

肉だく牛カレーは、普通の牛カレーより牛丼のあたま1.5倍。

並盛牛丼にカレーをかけたような状態。

新しくなったカレーは、醤油と鰹出汁を効かせた和風テイストに、

クミンやカルダモンなど14種類のスパイスを追加。

トッピングに合うようにプレーンタイプのソース。

卓上の七味唐辛子でピリッとアクセント。

福神漬けは付いてないので、紅生姜でさっぱり口直し。 

 

 

 

 

 

 

 

アジアン料理 ガネーシャ

ダルバットセット[マトンカレー(中辛)] 950円→850円

f:id:aratah:20200828134056j:plain

 

8/21オープンの新店。以前は中華料理店だった場所。

オープンのチラシ持参でランチメニュー100円引き。

 

よくあるインドネパール系カレー店で、タイ料理のグリーンカレーなどもある。

中でもあまり見かけない、ネパールの国民食ダルバットを注文。

ダルバットのダルは豆、バットはご飯のこと。

チキンとマトンで選べるカレーはマトンで、辛さは中辛をチョイス。

ドリンクはマンゴーラッシーでお願いした。

 

先にドリンクとサラダ。続いてステンレスのトレイに乗ったセットが到着。

セットは主役のダル(豆)カレーとマトンカレー、バスマティ米のターメリックライス、

チャトニと呼ばれるペースト状のもの、大根の漬物(アチャール)。

ダルカレーは辛味はなく、ポタージュスープのような味わい。

マトンカレーは大きな羊肉。辛さは控えめなので卓上のカイエンペッパーで調節。

チャトニはハーブ系の香りと、酸味と辛味。アクセントに加える。

大根のアチャールもハーブ漬けかな。

最終的には、全て混ぜ合わせていただくのが正解。

 

マンゴーラッシー・サラダ

f:id:aratah:20200828133732j:plain

 

 

 

 

 

 

 

Soup Stock Tokyo テルミナ2店

2種がけカレー[カシューナッツのホッダ(スリランカ風ココナッツカレー)・サンバール(豆と野菜のスパイスカレー)](大盛) 1056円

f:id:aratah:20200826101426j:plain

 

開店とほぼ同時に注文すると、付け合せの枝豆とオクラの炒めものが、

まだ調理中とのことで、提供までに10分程待つことに。

 

左側、ホッダ。昨年もいただいたメニュー。

カシューナッツとココナッツミルクのコク、カボチャの甘味、

カレーリーフの香りと、マスタードシードがピリッとスパイシー。

 

右側、サンバール。こちらも昨年同様。

インド料理店ではスープとして提供される料理だが、しっかりカレーにアレンジ。

梅干しの酸味を使い、ナス・カリフラワー・タマネギ・インゲンなど、

大きめ野菜がたっぷり。

 

付け合せはタマネギのアチャールと、枝豆とオクラの炒めもの。

炒めものはサブジといったのかな。作りたてでほんのり温かい。

すべて混ぜ合わせると、複雑な味のハーモニーが楽しめる。

 

 

 

 

 

 

 

すき家 葛飾亀有一丁目店

カレー トリプルニンニクMIX(並盛) 720円→670円

f:id:aratah:20200825135115j:plain

 

メルマガクーポンで50円引き。

 

8/5より「スタミナ祭り」として、

にんにく×にんにくの芽×ニンニクスパイスを使った、牛丼・カレー・うな丼が登場。

 

実は明日よりカレーがリニューアルするとのことだが、変更前にいただく。

 

カウンター席に座り注文。提供までに時間がかかって登場したのは牛丼。

このオペレーションミスは、初めてじゃない。メニューを指差して注文したのだが。

 

交換をお願いすると、程なくしてカレーがトレイで登場。

豚肉・ジャガイモ・ニンジン、大きめ具材のサラ旨ポークカレー。

ホクッとした食感の素揚げニンニク・シャキシャキのニンニクの芽は辛味ダレ、

カリカリのフライドガーリックも唐辛子で、結構な辛味。

添えてある福神漬けと、卓上の紅生姜でアクセント。

 

ブレスケアが付いてくるとの事だったが、品切れのため板ガムが付属。

 

 

 

 

桃屋 きざみにんにく 125g

桃屋 きざみにんにく 125g

  • 発売日: 2016/10/04
  • メディア: 食品&飲料
 

 

 

 

カレーハウス CoCo壱番屋 JR亀有駅南口店

大人のスパイスカレー THE チキベジ 980円

f:id:aratah:20200822134818j:plain

 

毎年夏に登場する、チキンと夏野菜のスパイスカレー。

今年も8月末までの限定メニュー。

ご多分に漏れず、毎年微妙に値上がりしてる。

 

カウンター席につくと、お冷とスプーン・福神漬けが出される。

注文して暫し待つと、カレーと特製スパイスが到着。

 

ニンニクとトマトが効いたカレーソース。

鶏のほぐし身と、ナス・オクラ・ミニトマト・グリーンアスパラガスの夏野菜。

ザクザクのスパイスがたっぷり。

ピンクのタマネギアチャールを、しっかり混ぜ合わせていただく。

別添えの特製スパイスを振りかけ、とび辛スパイスは卓上になかったので、

店員にお願いして追加。福神漬けも一緒に混ぜ合わせる。