咖喱帳面

週一カレー食べある記

カフェ&パスタ ベ・べ

カレーライス 830円

f:id:aratah:20201222134156j:plain

 

お花茶屋駅前の路地に佇む、カフェというより喫茶店

店内はアンティークな小物や熱帯魚の水槽、北斗の拳のフィギュアまで飾られている。

 

以前は店頭にランチメニューの看板が掲げられていたが、無くなっていたので、

尋ねてみるとやっているとの事。

オムライスやスープパスタの中から、カレーライスとコーヒーのセットをお願いした。

 

テーブル席には革製のランチョンマット。

暫し待つと平皿のサラダとカップスープ、深皿のカレーライスが到着。

 

一晩寝かしたような、濃厚な熟成カレー。 豚肉とシメジ、後の具材は溶け込んでいる。

辛さは控えめ、ライスと赤い福神漬けと共にいただく。

 

サラダはたっぷりの千切りキャベツに、キュウリとトマト。

サウザンアイランド風のドレッシングで、食べ応えあり。

スープはワカメとタマネギに溶き卵。さっぱりと口直し。

 

食後にはブレンドコーヒー。

ペーパードリップしたてで薫り高く、ほっと一息。

 

ブレンドコーヒー

f:id:aratah:20201222135320j:plain

 

 

 

 

 

 

 

松屋 お花茶屋店

ごろごろチキンのバターチキンカレー(並) 680円 + 生野菜セット 100円

f:id:aratah:20201217140553j:plain

 

12/15~12/22まで期間限定・数量限定で復活。

 

券売機で生野菜のセットを購入して、提供まで暫し待つ。

番号が呼ばれて、受取口でトレイを受け取る。

 

鉄板でソテーされた、ジューシーなごろごろ鶏モモ肉。

マイルドなカレーソースは、バターのコクとカットトマトの酸味、

ココナッツミルクの甘味も感じる。

ライスと福神漬け、味噌汁のセットに合う和風なアレンジ。

生野菜サラダにフレンチと胡麻のドレッシングで、さっぱり口直し。

 

 

 

 

 

 

 

洋食 ピッコロ

カツカレー 825円

f:id:aratah:20201208135704j:plain

 

古くからある町の洋食屋さん。

ランチタイムメニューはワンコインで提供している。

 

年季の入った店内には原付バイクのモンキーや、F1のポスターが飾られ、

店主の趣味が伺える。

 

豊富なメニューから、カツカレーを注文。

暫し待つと、カツカレー・ミニサラダ・お新香・味噌汁が到着。

カレーはざく切りのニンジンやタマネギの溶け込んだ、一見家庭風だが、

ローリエの葉やスパイスの香る、レストランスタイル。

揚げたてサクサクの肉厚ロースカツを、カレーに絡めていただく。

卓上にソースでアクセント。

 

ミニサラダはレタスとニンジンに、酸味と胡椒の効いたドレッシング。

味噌汁はワカメとモヤシ。お新香は白菜と人参で箸休め。

 

食後にデザートが到着。

ライチゼリーかな。ほのかな甘味でさっぱりと口直し。

 

デザート

f:id:aratah:20201208140902j:plain

 

 

 

 

カツカレー喰ってる場合だ!!

カツカレー喰ってる場合だ!!

  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

 

 

COCHIN NIVAS

パラタセット[チキン(骨なしチキン)] 980円

f:id:aratah:20201203134537j:plain

 

住宅街に佇む、本格インド料理店。

よくある極彩色の看板ではないので、一見カレー店には思えないのだが、

周囲に漂う確かなスパイスの香りに誘われ入店。

 

アクリル板で仕切られた、カウンター席に座り注文。

セットのカレーはチキン・キーマ・豆から選べる。

 

先ずサラダが到着。暫し待ってカレーとライス・パラタの平皿が続く。

カレーの辛さは控えめで、しっかりしたスパイスの風味。

チキンは淡白なムネ肉だが、柔らか仕上げ。

パラタはパロタとも呼ばれる、インドのパン。

デニッシュの様に層になっていて、もっちりふわふわ。

カレーに浸けても、そのままでも甘みがあって美味しい。

ライスは日本米ハーフサイズ。

皿が小さめなので、スプーンで掬ってカレーの方に浸していただく。

サラダはキャベツ・レタス・ニンジンに、マカロニポテトサラダ。

酸味の強いドレッシングなので、さっぱり口直しに。

 

 

 

 

 

 

 

アジアン料理 まんぷく

Aセット[日替わりカレー(ナスキーマ)] 780円

f:id:aratah:20201125131830j:plain

 

お花茶屋駅前の路地にある、ネパール系カレー店。

 

店名にアジアン料理とあるように、メニューはカレーを中心に、

ガパオライスやナシゴレン、チキン南蛮まで取り揃えている。

 

一番安価なカレーセットを日替わりカレーで注文。

辛さは中辛で、セットのドリンクはマンゴーラッシーをお願いした。

 

先ず初めにサラダが到着。

サラダはレタス・水菜・紫キャベツ・ニンジン・コーンと彩り良く、

ニンジンドレッシングが別添えなので、たっぷりとかけて下準備。

 

続いてシルバートレイが到着。

カレーの小鍋・大きなナン・小さな器にインディカ米の白飯。

素揚げのナスと鶏挽肉が、たっぷり入ったキーマカレー。辛さは控えめ。

焼き立てナンに、たっぷりつけていただく。

一緒にライスが付いてくるのはありがたい。

最初はスプーンで掬って一口づつだが、最後はカレーに全投入して混ぜ合わせて食す。

 

マンゴーラッシーは、大きめのビールグラスにたっぷり入っているので、

付属のストローじゃ短い。

 

辛味調整用に、卓上にカイエンペッパーがあれば良かった。

あと以前の外看板には、ナンとライスおかわり自由とあったはずだが、

メニューには記載が無く、案内もされなかったのは残念。

 

サラダ

f:id:aratah:20201125131721j:plain

マンゴーラッシー

f:id:aratah:20201125132016j:plain

 

 

 

 

 

 

 

カレーショップ C&C 秋葉原店

四元豚ロースかつカレー(辛口) 880円 + 唐揚げ2個 80円→0円

f:id:aratah:20201118105902j:plain

 

9/1スタートの期間限定メニュー。

11/2から新しい期間限定メニューもスタートしているが、以前食したものだったので、

未食のこちらをチョイス。

 

タッチパネルの券売機で購入。辛口も指定できる。

アプリのクーポン提示で、1個40円の唐揚げが2個サービス。

 

程なく皿が登場。卓上の福神漬けをたっぷり乗せていただく。

カレーは程よい辛味のポークカレー。

四元豚とは4種豚のハイブリット。

流石に揚げたてではなかったが、とんかつ専門店の様な肉厚ロースカツ。

サクサク衣に柔らかなロース肉。

唐揚げもサクフワジューシー。

卓上の中濃ソースでアクセント。

 

 

 

 

 

 

 

粋ちょん手酌酒 かね雅

まみっぺのココナッツチキンカレー 850円

f:id:aratah:20201112130834j:plain

 

10/1オープンの居酒屋のランチメニュー。

ランチはオール850円。カレーは2種類で、もう一つはツナカレー。

カレーは通常メニューでもいただける。

 

少し急な階段を上がると、開け方に戸惑うガラス張りのドア。

中は居酒屋というより、カフェのような明るい空間。

 

テーブル席に着き注文。昼飲みもできるようだ。

セブン-イレブンのコーヒーサーバーばりに、分かりづらいUIUXの給水器で、

お冷をセルフサービスして、暫し待つ。

 

トレイが到着。上にはカレー・サラダ・スープがセット。

バスタブのような舟形の器の中に、ドーム状のライス。

ココナッツミルクを使ったカレーソースは、マイルドな味わい。

スライスタマネギと、大きめカットの鶏モモ肉がゴロゴロ。

 

リーフレタスとトマトのミニサラダは、和風ドレッシングでさっぱり。

ワカメ・ネギ・溶き卵のスープで口直し。